インフォメーション

展覧会名

石本正「夢をえがいて」

会期

2020年3月24日(火)~6月21日(日)
2020年3月24日(火)~8月30日(日)

会場

石本正記念展示室
企画展示室

開館時間

9:00〜17:00(入館は16:30まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌平日休館)

観覧料

一般600円(団体500円)、高校・大学生300円(240円)、小・中学生200円(160円)

主催

浜田市立石正美術館、浜田市、浜田市教育委員会、公益財団法人浜田市教育文化振興事業団

関連イベント

【ギャラリートーク】
◆作品にみる「石本正のえがいた夢」
3月28日(土)/4月18日(土)/
5月2日(土)/6月6日(土)
※臨時休館のため中止となりました
各日14:00~約45分
企画展「夢をえがいて」の展示作品を見ながら、そのもとになった石本正のイメージを担当学芸員がわかりやすくご紹介します。
※要観覧料

【ワークショップ】
◆おもしろ野菜をみて夢をえがこう!
6月13日(土) 13:00~15:00
場所:石正美術館 回廊
参加費:お一人300円
定員:10名(要予約)
対象:どなたでも(汚れてもよい服装)
「沖縄冬瓜を見ていたら天の川がうかんできた」という石本先生。ユニークな色や形の野菜を見ながら、思い浮かんだイメージを自由に画用紙にえがいてみませんか? おとなも子どもも、きっとちがう「夢」が見えるはず。
今回は、ダンボールで作ったヘラなどちょっと変わった画材もご用意。わくわくドキドキ、表現の幅がぐっと広がります。

概要

「思い出やあこがれ、夢、空想などが、ぼくの絵をつくりあげている」

幼少期から空想に遊ぶことが多かった石本正(1920-2015、島根県浜田市出身)。あこがれの美術作品をはじめ、音楽や小説、映画…いろいろなものを吸収して蓄積されたイメージは、作家となって絵に向かうとき、ふと脳裏に去来し、絵を描く原動力となりました。常識の枠にとらわれることなく、自由な心で夢を描いた作品の数々をテーマごとに展観します。

【展覧会紹介動画】(約15分)

(↑クリックすると浜田市公式YouTubeチャンネルの動画ページが開きます)


「鶏頭」2004(平成16)年


「帰港」制作年不詳
「クラナッハの乙女」2004(平成16)年


「フラミンゴ」1967(昭和42)年