「石本正作品選Ⅳ」、「石本正 心の眼1 ~私を感動させた日本画~」が始まりました

1月2日(火)より、2つの新しい展覧会が始まりました。

「石本正作品選Ⅳ」では、当館にある約2000点に及ぶ収蔵作品の中から選りすぐられた作品36点を、95年に及ぶ画家の生涯とももに紹介しています。今回は、石本の代名詞ともいえる舞妓シリーズの中から、唯一屏風に描かれた作品「舞妓」(1966年・1968年制作)を展示。

また、企画展示室で開催中の「石本正 心の眼1 ~私を感動させた日本画~」では、石本正の長きにわたる画家人生の中で、はっきりと感動を覚えた現代日本画家17名の作品を展示しています。
「絵は心である」という信念の下に蒐集された、心ある素晴らしい作品の数々をぜひ会場でご覧ください。

    ◆「石本正 心の眼1 ~私を感動させた日本画~」詳細ページ

【会期中のイベント】
「第54回石本正絵画教室・裸婦デッサン会」

 日時:3月10日(土)、11日(日)
 会場:石正美術館創作室
※要申込み。詳しくは石正美術館(TEL 0855-32-4388)までお問い合わせください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL