石本正「のれん」1970(昭和45)年/個人蔵
日本画家・石本正。初の大回顧展
石本正(1920-2015)は現在の島根県浜田市三隅町に生まれ、京都を拠点に活躍した日本画家です。2020年が生誕100年にあたり、これを記念して全画業を紹介する初の大回顧展を開催します。
約14,000点の石本作品を収蔵・展示し、そのほとんどを門外不出としてきた浜田市立石正美術館(島根県)の作品をはじめ、これまで一堂に会することのなかった代表作の数々。そして絶筆となった「舞妓」やアトリエから新たに見つかった素描類など、合計約180点におよぶ作品によって画家の足跡をたどります。(会場によって点数は異なります)
地位や名声を求めず、最期の瞬間まで絵ひと筋に生きた石本正の生涯と創作の原点を紹介する大回顧展に、どうぞご期待ください。
 

予告チラシダウンロード PDF 3.5MB

会場・会期(巡回)

島根松江会場 (約160点展示)※終了しました

2021年4月2日(金)~5月24日(月)
島根県立美術館 島根県松江市袖師町1-5

愛知会場 (約80点展示)

2021年9月11日(土)~10月24日(日)
一宮市三岸節子記念美術館 愛知県一宮市小信中島字郷南3147-1

静岡会場 (約40点展示)

2021年10月30日(土)~12月19日(日)
浜松市秋野不矩美術館 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130

島根浜田会場 (約80点展示)

2022年1月25日(火)~4月10日(日)
浜田市立石正美術館

愛知会場

【会期】2021年9月11日(土)~10月24日(日)
【会場】一宮市三岸節子記念美術館 愛知県一宮市小信中島字郷南3147-1

島根松江会場【終了】

【会期】2021年4月2日(金)~5月24日(月)
【会場】島根県立美術館 島根県松江市袖師町1-5

おもな関連イベント

◆スライドトーク◆※終了しました
【講 師】 浜田市立石正美術館学芸員
【日 時】 4月2日(金)11:00~
4月11日(日)、24日(土)、5月15日(土)各日14:00~
(各回30分前開場/約60分)
【会 場】 美術館ホール (95席)

◆島根県立美術館×石正美術館 生誕100年コラボ企画◆
島根県立美術館で開催の「生誕100年 回顧展 石本 正」と、石正美術館で開催の「描かれた肌—石本正 美の視点—」の両方をご覧になった方にうれしいプレゼントを差し上げます。各館受付でスタンプカードの配布、押印をいたします。
【期間(石正)】3月23日(火)~6月27日(日)
※スタンプカード配布は5月23日まで
※島根県立美術館でのカード配布は4月2日から、プレゼントお渡しは5月24日まで

【プレゼント】回顧展限定絵柄「石州和紙ひとこと箋」

[主催]島根県立美術館、日本海テレビ、NHK松江放送局、山陰中央新報社、朝日新聞社、SPSしまねグループ [特別協力]浜田市立石正美術館 [協賛]NISSHA株式会社