topimg

展覧会 EXHIBITION

石本正記念展示室・企画展示室

2022年11月3日(木・祝)~12月25日(日)
―私は時代遅れといわれようが、自分の描きたいものを描くだけだ。―

高度成長期を迎えた戦後、日本画の分野においても抽象表現やアクションペインティングなど海外の新しい表現を取り入れ、古くからの日本画にはない斬新で前衛的な作品を作り出す若い作家が多く登場しました。そんななか石本正(島根県浜田市出身/1920-2015)は、流行に乗り遅れまいと奔走する一部の作家を冷静にとらえながら、自身は世間の目など気にせず、今の自分が本当に描きたいと思うものを描く姿勢に徹します。41歳の時、このことに関する決意のような思いを「私の画境」という文中に綴っています。
この信念は何十年という年月が流れても揺らぐことはなく、95歳で生涯の幕を閉じるまで貫き通しました。彼が残した作品は、人生すべての時代における「今」を全力で描き出した、画家自身の姿を投影したものと言えます。
本展では、常に本当に自分が描きたいと思うものに全力で向かい続けた画家の代表作を、スケッチやデッサンなどと併せてご紹介します。


予告
石本正記念展示室 準備中
企画展示室 準備中