トップページ

画を描くのは楽しい
それは生きる喜びでもある
石本 正

生涯を絵を描くことを通して、美への感動と共に生きた日本画家・石本正。
(1920-2015・島根県浜田市三隅町出身)
画家がふるさとへ寄贈した生涯作品約2,000点を収蔵展示する美術館。
また、石本が「心の眼」で選んだ現代日本画家約30名の作品も収蔵展示する。

展覧会EXHIBITION

石本正記念展示室

2018年7月3日(火)~10月8日(月・祝)  ※8/20~27 展示替えのため全館休館
「絵をかくことは生きるよろこび」と語り、生涯をかけて美を追求した画家・石本正(1920-2015・島根県浜田市出身)。従来の日本画にはない独創的な表現で、花や鳥、風景、裸婦など様々な対象を描き、戦後日本画壇を代表する作家として活躍しました。とりわけ壮年期に誕生した「舞妓」シリーズなどの詩情漂う艶やかな女性像は、石本芸術の代名詞となり多くの人々を魅了しました。その功績が認められ、50歳の時に「日本芸術大賞」「芸術選奨文部大臣賞」を受賞しましたが、以後一切の賞を辞退。地位や名誉を拒み、95歳でこの世を去るまで、何ものにも捉われることなく独自の美を求める姿勢を貫きました。
「石本正作品選」では、約2000点の収蔵数を誇る石本作品の中から選び抜かれた名作を年4回に分けて入れ替えながらご紹介します。初期から晩年に至るまでの足跡をたどりながら、いつでも石本正の美の世界を堪能することができます。画家の心震える感動から生まれた作品に触れ、「絵をみるよろこび」を感じていただけますと幸いです。

企画展示室

2018年8月28日(火)~10月8日(月・祝)
『石本正 日本画大賞展』は、当地出身の日本画家・石本正画伯の功績を顕彰し、未来への希望に満ちた学生たちの創作活動を奨励するものです。長きに渡る画業の中で後進の育成にも心を注ぎ、多くの画家を画壇へ送り出してきた石本は「学生の作品には欲が無く気力がある。作家と対象の心の交流があり、見る者に訴えかけてくる」と語り、若い力が生み出す作品の純粋性を愛していました。
その精神のもとに、2011年から『美術大学選抜日本画展』『全国美術大学奨学日本画展』『石本正 日本画大賞展』と名前を変えながら開催してきた本展は、今年で8年目を迎えます。全国の日本画を修める大学に学生作品の推薦を依頼し、石本の画心を受け継ぐ選考委員の方々より、優秀な作品に賞を与えて奨学します。今年は過去最多となる31校が参加。大学の垣根を越え一堂に集まった、学生たちの瑞々しい作品を、ぜひ会場でご鑑賞ください。

予告
石本正記念展示室 「2018年度・石本正作品選3」 10月16日(火)~12月23日(日)
企画展示室 石本正 裸婦素描展「ヴィーナスを求めて」 10/16(火)~12/23(日)
【2018年度年間スケジュール】 PDFファイルダウンロード(1MB)

石正美術館概要MUSEUM INFORMATION

館内イメージ
浜田市立石正美術館
〒699-3225 島根県浜田市三隅町古市場589
TEL.0855-32-4388
FAX.0855-32-4389

開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)

観覧料

個人 団体(20名様以上)
一般 700円 600円
高校・大学生 300円 240円
小・中学生 200円 160円
※観覧料は展覧会ごとに異なります。詳細は、展覧会ページ利用案内ページをご覧ください。

休館日月曜日 (祝日の場合は開館、翌日休館)
展示替え期間・年末年始(12/24~1/1) 休館日

9月 September

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

10月 October

30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

11月 November

28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1