石本正記念展示室・企画展示室

2020年3月24日(火)~8月30日(日)《会期延長》
「思い出やあこがれ、夢、空想などが、ぼくの絵をつくりあげている」

幼少期から空想に遊ぶことが多かった石本正(1920-2015、島根県浜田市出身)。あこがれの美術作品をはじめ、音楽や小説、映画…いろいろなものを吸収して蓄積されたイメージは、作家となって絵に向かうとき、ふと脳裏に去来し、絵を描く原動力となりました。常識の枠にとらわれることなく、自由な心で夢を描いた作品の数々をテーマごとに展観します。

【展覧会紹介動画】(約15分)

(↑クリックすると浜田市公式YouTubeチャンネルの動画ページが開きます)

 


予告
石本正記念展示室 石本正「絵を描くということ」 9月8日(火)~12月21日(月)
企画展示室 「第10回石州和紙に描いた日本画展」 9月8日(火)~10月25日(日)
【2020年度年間スケジュール】 PDFファイルダウンロード(1MB)