topimg

展覧会 EXHIBITION

石本正記念展示室

2022年7月5日(火)~10月23日(日)
若い頃から挑戦と模索をくり返しながら、舞妓や裸婦など多くの人々を魅了する作品を生み出し続けた日本画家・石本正(島根県浜田市出身・1920-2015)。その旺盛な創作意欲は最晩年の90代にあっても衰えることはありませんでした。のびやかに自由に、ときには独特の発想と視点でユーモラスに描かれた作品は、高齢になっても毎日感動し、新たな発見に喜び、夢中になって描き続けた画家の姿そのものをうつし出しています。
「絵を描くのは楽しいからな。がんばったらあかん。」
晩年に口ぐせのように言っていたこの言葉は、絵を描くことが大好きな多くの人々に向けられたメッセージです。「がんばろうという気持ちがあると、余計な力が入って自由な発想の絵はできなくなる。」長い人生を通してたどりついたこの思いと、いつも楽しそうに描き続けていた画家自身の姿に勇気づけられた人は少なくありません。
本展では、絵を描く喜びと生き生きとした生命力にあふれた晩年の作品に焦点をあてながら、画家としての個性が築き上げられていった若い頃の作品とともに、自由に楽しく描き続けた石本正の画業のあゆみをご紹介します。

企画展示室

2022年7月5日(火)~8月28日(日)
石本正が愛した、島根県浜田市三隅町の伝統工芸品「石州和紙」。
本展では、石本正や地元に縁の深い日本画家24名に、石州和紙を使って思い思いに作品を描いていただきました。画家が石州和紙と真剣に向き合い生まれてきた魅力的な作品の数々を、ぜひ会場でご覧ください。

石本正/池庄司淳・池田知嘉子・伊藤はるみ・内海福溥・雲丹亀利彦・奥村美佳・落合浩子・梶岡百江・岸本裕子・桑野むつ子・庄田達生・多留裕二・谷保玲奈・田村紀美枝・中野嘉之・中村文子・西久松吉雄・西久松綾・藤本直司・牧野一穂・牧野良美・万願寺さくら・吉川弘・吉村和起(50音順)


予告